住まい手が主役の家づくりを実践している京都の設計事務所です。

 

 

 

 

「住む人が主役の家づくり」を実践している建築設計事務所です。

「そんなこと当たり前でしょ・・・」と言いたいところですが、
実際にはそうなっていないのが日本の現状ではないでしょうか・・・。


私たちの造る家は「住む人らしい家」です。でも同時に「私たちらしい家」でもあります。
なぜなら、住まいづくりは「住む人」と「設計者」と「職人さんたち」の共同作業だからです。

空間の豊かさは、そこに住む人の心を豊かにし、その生き方をも豊かにできる!!
そんな建築の力を実感してi頂ければ・・・と思っています。

 

家づくりは竣工=完成ではありません。そこに人が住まい、

家族やそこに関わる人たちの歴史と共にどんどん成熟してゆくものだと考えています。

長く愛されるデザインで「自分の住まいが大好き!」と住み手が思い続けられる家を造りたいのです。

私たちと職人さんたちと一緒に「建築主直営方式」で予算を120%生かした家づくりを♪。

新築・リフォームその他 ご相談に費用はかかりません。
相性が合うのかな?・・・と躊躇しておられる方も、一度会ってお話してみませんか?

お気軽にお声かけください。 


 

新着情報

 


ZEH
ネットゼロ
エネルギーハウス

の制度見直し

経産省が中心になって推し進めてきたネットゼロエネルギーハウス(ZEH)の制度が来年度
見直されるそうです。経産省のみでなく、環境省、国交省と3省で役割分担をして
更なる普及・加速を目指す方針。

ただ・・・あくまで私個人の見解ですが・・・
これは
環境保全の為の制度である一方で、消費者向けと言うより業者支援の景気刺激策である
という側面も理解したうえで検討することも必要だと思います。

「緑の交付金」の
適用材料が拡充!

 

緑の交付金(住宅の新築やリフォームに京都府山木材を使用したときに出る補助金)の補助対象
材が拡充されました。これまでの構造材と内装材に加え、北山丸太と京銘竹も対象となります。
詳しくは京都府のHP内 ⇒
 http://www.pref.kyoto.jp/rinmu/14100029.html
子どもが
3人以上おられる家庭には補助金の上乗せがあるのも要チェックです!。

京都市のリフォーム
支援事業拡充♪

京都市で住宅リフォームをする際に時に使える公的制度一覧↓↓↓

http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/cmsfiles/contents/0000149/149756/2605.pdf

   ■木造住宅耐震化への支援⇒耐震診断の無料化や補助金制度など。

★耐震改修費用の補助金が、より簡単な手続きで受けられる制度があります!

→まちの匠の知恵を活かした 京都市独自の耐震リフォーム支援事業

http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/cmsfiles/contents/0000181/181341/28takumireaf.pdf

※一定の要件を満たせば、耐震診断を必要としないので、より簡単に手続きができます♪

省エネ法改正

2017年4月1日より改正建築物省エネ法の運用が本格的に始まりました。

300㎡以上の新築や増改築をする場合、所管行政庁への届出が必要になります。

京都の空き家対策

 全国的に注目されている空き家の問題。京都市では、空き家を地域の資源と捉えて有効に

活用していくという方向で様々な取り組みが行われています。空き家所有者や空き家活用希望者の方は、マッチングイベントなどもありますので、ご活用くださいね。

   ⇒ 京都市景観・まちづくりセンター(公益財団法人)

 

★プレゼント★

「分割発注による建築主直営方式」のことがよくわかる、オープンシステム小冊子

(A5版の薄いマンガ本です)をプレゼントします、必要な冊数と送り先を教えてください。

竹内村上アトリエでは、事例写真などの事務所パンフレットは作成しておりません。
広告経費を抑えて、その分本来の仕事で住まい手のメリットを最大化したい、という思いからです。当ホームページの事例紹介のページをご覧いただければ幸いです。

 

住まいづくりのコラム
 
 
自然エネルギーを使おう
 
 
建築にかかる費用のこと