住まい手が主役の家づくりを実践している京都の設計事務所です。

 

わくわくキッチンの家

 

キッチン・・・家族みんなで作って食べる、お父さんが自慢の腕をふるう、お母さんがいつもニコニコ見守ってくれている、そして時には友達がワイワイ集まって♪。キッチンは、たくさんの笑顔が生まれるところなのです。

キッチンにいると家族みんなの気配が感じられる、若いご夫妻と小さな二人のお子さまの為の、キッチンが中心の住まいです。

 

 

 

キッチンから居間と食事室を見る。

 

 上部が吹抜の食事室からキッチンと居間方向を見る。

居間の先には和室が続き、一体の広い空間として使える。

 

居間からキッチンと食事室方向を見る。

食事室上部の吹抜からの日差しが部屋の奥まで届く。

居間の一画に設けられたヌーク(子どもたちの為のスタディコーナー)。キッチンからも目が届き、対話しながら家事ができる。

和室の障子を閉めたところ。

和室を、泊り客の寝室として使うなど独立した使い方も可能。

 フレキシブルに使える畳空間。

居間に続く和室は、小さなお子様連れの来客時にも便利。

壁に小さな飾り棚を設えました。

 2階吹抜から見下ろす。

 階段を上がると子ども部屋。今は間仕切りの無いフリースペースとしているが、将来的に必要であれば間仕切れるようにプランニングしてある。
   
 子ども室から寝室方向を見る

 子ども室

屋根勾配なりの斜め天井で広がりを感じる

   
 6帖大のバルコニーは寝室につながると同時に、吹抜を通して1階食事室に光を落とす。

 日当たりのよいバルコニーと夫婦寝室。

寝室はご主人のパソコンスペースにもなるので快適に。