住まい手が主役の家づくりを実践している京都の設計事務所です。

 

室町の家

「うなぎの寝床」と言われる京都の町中の細長い敷地・・・築100年余の建物の建替えでした。
旧宅に使われていた、古くて良い物を大切にし再利用しながら、今の生活スタイルに合った,暮らしやすさ・快適さ

を確保できるように配慮しました。

ガレージと前庭を仕切るコンクルートの塀は、虫籠窓をイメージした。プライバシーに配慮してじて、開口は斜めにカットしてある。

 居間食事室見上げ。

東の光を取り込む高窓と下屋の勾配天井。

 

 吹抜けを通して2階南面の高窓と寝室の障子窓を見る。
町なかの建て込んだ地域でも、工夫すればいくらか南面の光を取り込むことができる。気候の良い時期は寝室の障子を明け放して通風を確保。

 玄関からお茶室兼客間に向かう廊下のニッチ飾り棚。

クライアントのセンスが光る♪。

8畳の和室。お茶席としても使えるようにしつらえてあります。写真左奥の飾り棚の鏡板は、旧宅の建具欄間を使用。
「観世流」に伝わる模様だそうです。 
 和室の庭に面した雪見障子。欄間も含め、全て旧宅のものを再利用。良い杉材と繊細な細工は、今後も時を刻み続ける。

お茶席の水屋。
旧宅の棚や腰板、障子を再利用して趣のある空間になった。

 

2階寝室。カウンター収納の一部には書斎スペースをしつらえた。吹抜けに面した障子を全開放すれば、開放的な空間となり、採光や通風も確保できる。