住まい手が主役の家づくりを実践している京都の設計事務所です。

 

工事費の事例

新築やリフォームをしようとすると、建築工事費の他、税金や、登記、引越しなど、

さまざまな費用が発生してきます。建築工事費にどのくらいかけられるのか?は、

それらの費用をおおまかに把握することで、明確になってきます。

これは、その参考にしていただくための、ページです。


★工事費の発注方式別の比較については、
「工事費の比較のページ」を見て下さい。

 

今住んでいる家を建替えるAさんの場合(分割発注)を例にしてみましょう。

 

総予算 ¥25.000.000(消費税込み)


     ①建築工事費
     ②解体工事
     ③設計事務所の業務報酬料
(※CM業務の場合)
     ④確認申請・検査手数料
     ⑤税金

     ⑥登記等手数料
     ⑦仮住まい家賃
     ⑧引越し費用(2回分)


 19.440.000          
       ¥  1.
100.000          
  3.500.000          
    150.000          
      50.000          
    160.000          
    400.000          
    200.000          

(トランクルーム使用の場合、+3~5万円が別途必要)       

合計

 25.000.000          

※CM業務:コンストラクションマネージメント業務 
                 性能・品質監理だけでなく、施工業者の選定、コスト管理、現場の工程管理まで

                 トータルで住まいづくりプロジェクトをマネージメントする業務 

★工務店の経費(利益)がかからないので、トータル費用が抑えられます。

 

 【内訳】

①建築工事費(消費税5%含む)   
  ・本体工事(建築・電気・給排水) ¥18.060.000
  ・地盤調査費    30.000
   ・外構工事 ¥  500.000
  ・エアコン工事(5台分) ¥  600.000
  ・カーテン ¥  250.000

合計

¥19.440.000

     (■杭工事等が必要な場合は別途に工事費が必要です。) 

 

⑤税金  
  ・印紙税(契約時) ¥   20.000
  ・登録免許税(国税・登記時) ¥   20.000
  ・不動産取得税(地方税)

¥   10.000

 合計

\   50.000

 

⑥登記等手数料  
  ・建物表示登記(土地家屋調査士) ¥   80.000
  ・建物滅失登記(  同上   ) ¥   20.000
  ・建物保存登記(司法書士) ¥   60.000

合計

\    160.000

 ■融資にかかる費用(抵当権設定登記費用・融資手数料・手続代行料など)は、別途に必要です。

 ■地鎮祭・上棟祭をされる場合の費用(祝詞料・祝儀・手土産代など)は別途に必要です。