住まい手が主役の家づくりを実践している京都の設計事務所です。

 

建築手法による工事費比較


新築やリフォームにかかる費用は、どのような方法を選択するか?によってちがってきます。

「ブラックボックス」と言われる日本の建築工事費の中身を知ることで、

予算を最大限に生かせる方法が、わかります。

注1:地場の元請会社では、コスト管理が甘い
注2:ハウスメーカーは、専門工事業者に低価格で下請させている

★分割発注の方式は、建築主が、工務店やハウスメーカーなどの人を介さず、
直接工事をする人に仕事を発注する、最もシンプルな形です。
設計者をパートナーにして、専門的な判断も的確に行えます。
中間マージンがかからないので、予算を最も有効に使える
方法です。(詳しくは、イエヒトホームページへ)