住まい手が主役の家づくりを実践している京都の設計事務所です。

 

城陽の家

 南西に開けた日当りの良い土地に、健康的に暮らせる住まいを望まれました。それぞフルタイムでの仕事をもつご夫妻と2人の息子さんが良いコミュニケーションを取りながら住まえるように、パブリックスペースとプライベートスペースを吹抜でつないでいます。終の住処であることを考えて内外共にバリアフリーにも配慮しています。