住まい手が主役の家づくりを実践している京都の設計事務所です。

 

伏見の家

街なかの交通の便の良いところですが、それゆえに住宅の密集は避けられません。いかに採光や通風を確保して快適に暮らすか・・・2Fに、大きな吹抜のある居間や食事スペースを配したプランは必然の選択でした。

今はまだ小さい二人の姉妹の「原風景」になれる空間を、と意識して計画しました。

2階 居間見上げ

 

3階 吹抜けをブリッジ状に走る廊下

3階東の子ども部屋から西の子ども部屋方向を見る

 

外観 2階のLDKからつながる大きなウッドデッキ。
この部分のみ鉄骨造としている。
居間の造り付け収納壁 1階に光を落す階段
蹴込み板と部屋との間仕切り壁を中空ポリカで設えた。