住まい手が主役の家づくりを実践している京都の設計事務所です。

 

建築にかかわる神事について

地鎮祭や上棟祭など、工事の節目に行われる神事について、知っておくと
よいことや設計者の考え。

 

建築の現場で、紅白の幕と共に、人が集まって神事が行われているのを見かけた ことがあると思います。

着工前には地鎮祭、骨組みが出来上がるときには上棟祭、などです。最近では、「必ずする」というわけでは

なくなってきているようです。そこで、建築主さんから、「どうすればよいですか?」と聞かれることが増えて

きました。

 

地鎮祭、上棟祭・・・それぞれの本来の意味は、他資料に任せることにし、ここでは 書きませんが、私達は

このようにアドバイスします。

 

「地鎮祭」---着工にあたり、工事を最後まで安全に進めることが出来るように祈願 するものです。

         神主さんに来ていただいてする場合、25.000円~50.000円程度の費用で可能です。

         施工業者さんまで呼ぶ必要は無いと思います。ご家族でお神酒をまいて手を合わせられる

         だけでも良いでしょう。大切なのは、気持ちです。

 

「上棟祭」---神様への祈願というよりは、職人さんたちに、ねぎらいの気持ちや、 「完成をとても楽しみに

していますよ」という気持ちを伝える機会ととらえていただくのが良いと思います。

できれば、軽食などを用意していただき、集って会話を交わす場を設けてください。

「建築主さんの人となり」を知ることで職人さんたちのやりがいも違ってきます。そして、

各々に祝儀を準備してください。

親方さんには1万円/1人、職方さんには5000円/1人程度で、人数によっては費用も結構

かかりますが、可能な範囲でされるのがよいと思います。