住まい手が主役の家づくりを実践している京都の設計事務所です。

 

住まいの断熱・気密について

住まいの温熱環境は、快適性に大きく影響します。正しい知識と正しい工事で
住まいの性能を確保することは大切なことです。でも数値で表せる性能だけが1人歩きすると
おかしなことになってしまいます。温熱環境に対する、私達の考えや思いを記します。

 

住まいの快適性と住まいの温熱環境は、密接にかかわっています。ある調査で「現在の住ま いに対する不満」を上げてもらったところ、暑さ・寒さに関することが最も多かったとか。「冬暖かく夏涼しい家」は、誰もが望むことでしょう。冷暖房が少なくてすめば、家計に嬉しいばかりでな く、地球温暖化の防止にもつながります。そのため建物の断熱性能を上げることは有効です。

 

でも、これは単に断熱材をたくさん使うとか、外断熱にすればいいとか、そういうことではありませ ん。いくら良い断熱材を使用しても施工方法が正しくなければ、その性能を十分に発揮することはできず、それによって建物の寿命を 短くしてしまうことさえあります。

また、温熱環境は、断熱材だけでなく、窓やドアなどの開口部の性能や換気方法によっても大きくかわってきます。そして、それらの一つ一つの選択は、当然コストにはねかえってくる、という現実があります。実際、コストをたくさんかければ、断熱性能の高い家をつくることなどは簡単にできてしまうのです。ですから、住まい手と私達設計者が話し合う中で「どのくらいのコストをかけて、どのくらいの断熱性能を得たいのか?」をしっかりとイメージした上で、具体的な方法を検討してゆくのが良いと思います。

 

それでは、具体的に方法を検討するとは、どういうことでしょうか?

住まいの断熱性能の目安となるのが、「建物の外皮性能」です。また、エネルギー消費量の様子を示すのが「一次消費エネルギー」です。これは建物のおおまかなプランが決まれば、計算によって求めることができます。私達はこの数値を建物ごとにを算出し、それを参考にしながら、同時に数値に表れてこない部分を住まい手にわかりやすく説明し、ひとつの解を導きだしてゆくのです。どんな材料、どんな工法にも長所と短所があります。大切なのは、その両方を正しく理解して、納得のいく選択をしてゆくことだと思います。

私達設計者は、その手助けをする役割を担っています。

 

「外被性能」や「一次消費エネルギー」についての説明はこちら ↓↓↓

独立行政法人建築研究所のページ

http://www.kenken.go.jp/becc/