住まい手が主役の家づくりを実践している京都の設計事務所です。

 

地中熱を利用する

地下5メートルの地中温度は、年間を通して16度くらい・・・と安定しているそうです。
それを利用したシステムがありますので、紹介します。
季節や天気に関わらず利用できる、というのがいいですね。

地中熱を利用したシステムのひとつに「ジオパワーシステム (地中熱利用空調換気システム)」があります。
京都市北区にあるイワモトエンジニアリングさんの体験会場に行って、体験してきました。システムのシンプルさが良いと思いました。初期費用が150~200万円くらいはかかってしまいますので、もう少し下げられれば・・・というのはありますが、新築時なら工夫のしようもあると思います。
どんなシステムか?を簡単に説明すると・・・

 

井戸水が夏冷たく感じる、冬暖かく感じるように地中内は外気に影響されずその地域の平均温度で安定しています。
特に深さ5m前後の地中熱は地盤の特性により夏は比較的温度が低く、冬は比較的温度が高いことが確認されています。
この深さ5mの地中熱を専用の熱交換パイプにより安価で効率よく利用するのがジオパワーシステムです。

 

■夏モード

暑くて湿った空気を地下5メートルまで打ちこんだ熱交換パイプ(ジオパイプ)に送り込み、地中熱で冷やし、床下から室内へ吹出します。この時、同時に「除湿」や「空気浄化」もできます。又、外気導入部分の温度センサーが設定温度以下になると、積極的に夜間冷気を取入れます

 

■冬モード

冷えた空気をジオパイプに送り込み、地中熱で温め、床下から室内へ吹出します。基礎部分乃砕石が蓄熱層となって、貴重な自然の暖気を有効利用します(輻射暖房効果)。また、照明や家電製品・人など、室内の発生熱も有効利用、天井裏に集められた暖気は、再びジオパイプへと送られていきます。但し、地中熱は自然の温度差エネルギーなので、温度設定はできませんし、暖房機のような暖かさは得られません。しかし、温度の底上げにより、小さな暖房エネルギーで短時間に室内を暖めることができます

 

■換気モード

ジオオパワーシステムは、「第一種熱交換型換気」です。しかも、通常のシステムとは大きく異なり、熱交換する場所が無償で無限の自然エネルギー地中熱」ですので、その省エネ効果は抜群です。更に、自然の原理を上手く利用した「空気浄化」や「調湿」効果が働きますので、キレイでおいしい空気が室内を満たします

 

⇒システムの詳しいことは(株)ジオパワーシステムのHPへhttp://www.geo-power.co.jp/contents/geopower.html

 ⇒京都の施工店

イワモトエンジニアリング株式会社

 

★他にも、「エコロジオ」「ジオサーマル」「アイソマックス」「エコシス」などのシステムがあります