住まい手が主役の家づくりを実践している京都の設計事務所です。

 

空き家活用の留意点  for 空き家の持ち主

 

「今は空き家となっている実家をどうするのか」という問題を抱えている人が少なくないようです。

 

最近、空き家活用について、建築士目線で気になっていることがあります。

それは、「素人である空き家の持ち主 が不利な立場になっている場合が多いのでは?」ということです。

 

「住む?」「貸す?」「売る?」

「リフォームは可能か?」「耐震性は?」「費用は?」「借り手はあるのか?」「売れるのか?」

「相続に関すること」「資金のこと」「貸す場合の手続きのこと」

などなどわからないことが多すぎて、とりあえず放置・・・

それにも「放置すると建物が傷んで価値がどんどん下がってしまう?」という不安。

素人にはわからないことが多いために、それを利用されて不利益を被るということもあるのが、残念ながら

現実に起こっていることのようです。

 

さて、どこに?誰に?相談すれば良いのでしょうか。

不動産屋さん?地域のビルダー?広域展開しているハウスメーカー?。

自社の利益の為でなく、空き家の持ち主や空き家を必要としている人の立場でアドバイスしてくれるのは

一体誰なのでしょう?。

 

空き家の問題は行政としても放置できないので、最近では公の相談窓口もあるようですが・・・。

 

例えば、京都市の場合、アドバイザーが相談にのってくれる制度があります。が、そのアドバイザーとは、

不動産屋さんなのです。【アドバイザーが「この建物は放置すると地震の時に倒壊する危険がありますよ・・・」などアドバイスしてくれる】とのこと。・・・いやいや、それは無理な話です。不動産屋さんは

売買や賃貸に関するプロですが、技術屋さんではないからです。建物の正しい現状把握やリフォームする

場合のコストなどのアドバイスは技術屋さんが、地域の事情や需要と供給の状況を踏まえた方向付けの

アドバイスは不動産屋さんが、資金計画のことはフィナンシャルプランナー・・・と、本来各分野の専門家が

協力してするべきものだからです。そしてもちろん、最終的に決めるのはオーナーさんです。


ハウスメーカ-などは、一見ワンストップで各分野の専門家をそろえてくれるように見えますが、

主導権はやはりハウスメーカーです。会社の利益が最優先にならざるを得ない構造があります。


建物の現状把握や改修する場合の計画や費用についての相談は、建築設計事務所に声をかけてみてください。
工務店や大工さんには無いアイデアが見つかると思いますよ。

専門外のことについては、公的な相談媽祖口と連携して進めることや、適切な相談先を紹介することも

可能です。